簡単な技術分野の特許出願は、安価な10万円で出願します。  ー中小企業等の方必読ー  

電話06-6397-2847 新大阪国際特許事務所 
大阪市内
*特許請求の範囲の機能

*特許請求の範囲の機能

 審査を経て権利範囲を確定させる機能を有する書類。

 特許権が及ぶべき範囲(特許発明の技術的範囲)は特許請求の範囲の記載に 基づいて定められる。
 出願人は、明細書に記載された複数の発明の中から権利の取得を目指す発明 を選択して特許請求の範囲に記載し、審査負担に見合った料金を支払って審 査を受けることができる。

 審査負担の軽減及び出願の取り扱いの公平性の観点から、特許請求の範囲に 同時に記載することができる発明は、共通の技術的特徴を有する範囲に制限 されている(発明の単一性)。

 技術内容開示機能及び出願日を確保する機能を有する書類。
 明細書の記載によって、発明の技術内容は、発明の属する技術分野の通常 の専門家がその実施をできる程度に開示される。

 最終的に権利取得するかどうかにかかわらず、明細書に記載された全ての 発明に関し、新規性・進歩性についての判断の基準となる日として出願日 が確保される。

»