簡単な技術分野の特許出願は、10万円で受任します。  ー中小企業等の方必読ー  

電話06-6397-2847 新大阪国際特許事務所 
大阪市内
*変更出願

*変更出願

出願の変更(特許法第46条、実用新案法第10条、意匠法第13条)
 特許出願と実用新案登録出願及び意匠登録出願は、相互に出願形式を変更することが
できます。ただし、変更出願をすることができるのは、それぞれの出願形態により所定の期間に限られます。

 また、出願の変更がされた場合、もとの出願は取り下げられたも
のとみなされます。

 なお、上述した場合は、出願中の話でしたが、例外として、実用新案登録に基づく特許出願(特許法第46条の2)について、実用新案登録がされた後に実用新案権者は、所定の場合を除き、自己の実用新案登録に基づいて特許出願をすることができます。

 この特許出願は、その基礎とした実用新案登録に係る実用新案登録出願の時にしたものとみなされますが、この出願をしたときは、その基礎となる実用新案権を放棄しなければなりません。

 実用新案は、審査がされずに登録されるので、その信頼性は特許権より弱いものです。とりあえず登録を済ませたのち、特許権の方が権利が強いし、存続期間も長いのでそちらに乗り換えることも必要です。そのような場合に使える制度です。

 なお、商標出願との変更出願は出来ません。商標は創造物ではないのに対して、特許、実用新案、意匠はすべて創造物という点で共通しているから、相互の変更を認め、商標との間には変更を認めていないのです。

 

« »