簡単な技術分野の特許出願は、安価な10万円で出願します。  ー中小企業等の方必読ー  

電話06-6397-2847 新大阪国際特許事務所 
大阪市内
*公序良俗に反する発明

*公序良俗に反する発明

 ほかの新規性進歩性先願などの許可要件を満足しても、公共の秩序に反する発明は許可されない(特許法第32条)。

 すなわち、国家社会の一般的な道徳や倫理に反する発明や、国民の健康に害を与えるおそれのある発明は、たとえ産業として利用することができたり、新しいものであったり、容易に考え出すことができないものであっても、特許を受けることができません。

 特許制度が法律の一種であることを考えれば当然のことであり、特許法32条はこのことを規定した物である。
 例えば

 紙幣偽造機械や

 金塊密輸用ベストや

 アヘンを吸う器具等である。

 ただし、用途が特殊な分野に限って、社会に役立つこともある場合は、そのように限定することで許可されることもある。

 アヘンでも、肺がんに有効ということが発見されれば、その用途に限って許可されることはあり得る。

 特許の分野での公序良俗という判断は、商標などと異なり、結構微妙なことが多い。

 

« »