簡単な技術分野の特許出願は、10万円で受任します。  ー中小企業等の方必読ー  

電話06-6397-2847 新大阪国際特許事務所 
大阪市内
*先願主義

*先願主義

 発明は、新規性と進歩性があれば許可されるかというと、ほかにも要件があります。

 その一つに、いわゆる「早い者勝ち」という要件もあります。

 つまり、同じ発明が庁に提出された場合、先に出願した方を優先する制度です。

 先に出願されていないかどうか(特許法第39条及び特許法第29条の2)については、

 別々の発明者が同じ発明を同時期に完成して、同時期に特許出願をする場合があります。
この場合、我が国では先に発明をした者ではなく、先に特許庁に出願した者に特許を与え
ています。

 現実の社会では、同時期に出願されることがまれではありません。人の発明というものは社会の流れと深く関係があるので、そうなると思われます。

 これをいわゆる「先願主義」と呼んでいます。つまり、出願日を基準にどちらを保護するのかを決める制度です。本来ならどちらが先に発明したかによってどちらを保護するのかを決める方が妥当のように思えますが、その証明が現実には難しいので、出願日で決めています。
 このように、発明をしたらできるだけ早く出願することが大切です。

 出願するためには、多額の費用が掛かりますので、ためらうことももちろんありますが、他方、早い者勝ちということも念頭に置いておきたいものです。

 

« »