簡単な技術分野の特許出願は、10万円で受任します。  ー中小企業等の方必読ー  

電話06-6397-2847 新大阪国際特許事務所 
大阪市内
*進歩性について

*進歩性について

 発明は新規な必要がありますが、それだけでは不十分であり許可されません(特許法第29条2項)。

 つまり、すでに知られている発明をちょっと変更したようなアイディアでは、特許は認められません。

 なぜなら、その程度の発明は、だれでも思いつく以上、その発明が、科学技術の進歩に貢献していないということになりますので、独占権を与えるほどの価値がありません。

 また、日常的に行われているちょっとした技術的な改良についても独占権が成立するとすると、不自由になるからです。
 この「容易に発明をすることができた」場合を、一般に「進歩性」がないと表現します。

 例えば、次の場合には「進歩性」がないと判断されます。

① 公然と知られた発明や実施された発明を単に寄せ集めたにすぎない発明
② 発明の構成の一部を置き換えたにすぎない発明

③単なる設計事項の工夫の発明

 このように、進歩性判断を一応明確にしておりますが、上述した「単なる」とか、「単に」とか、「すぎない」とかの程度が実は非常にむつかしいのが実際です。

 進歩性の判断は、プロでもむつかしいテーマです。

 

« »