簡単な技術分野の特許出願は、安価な10万円で出願します。  ー中小企業等の方必読ー  

電話06-6397-2847 新大阪国際特許事務所 
大阪市内
*特許の保護対象

*特許の保護対象

 特許が保護する対象は次のとおりです。

 すなわち、発明を保護することは当然ですが、その発明とは何かということがポイントです。特許法は厳密に、その「発明」を「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」と定義し、更に、産業上利用できる発明とします。

 各用語などについて説明します。

(1)自然法則を利用:
「自然法則」とは、自然界において経験的に見出される科学的な法則です。
 更に、「利用した」発明でないとだめです。

 その結果、自然法則自体は不可となります。例えばニュートンの法則などはだめです。数学の公式などもだめです。

 また、「発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者」つまり、当業者といわれ る人が、それを反復実施することにより同一結果が得られること(反復可能性)が必要です。

 追試が重要ということです。STAP細胞など追試が出来なくて問題となった。

 さらに、永久機関のように自然法則に反するものなども駄目です。
 さらになお、ここはむつかしい点ですが、一部に自然法則を利用していない部分があっても、全体として自然法則を利用していると判断されるときは、OKです。

(2)技術的思想である:
 「技術」とは、一定の目的を達成するための具体的手段であって、実際に利用でき、知
識として客観的に伝達できるものをいいます。

 すなわち、この点で、個人の特技などの技能はだめです。客観的に伝達できないものは産業の発達の役に立ちにくいからです。
 したがって、フォークボールの投球方法等の個人の技能によるものや、絵画や彫刻など
の美的創作物は駄目です。

(3)創作:
 「創作」とは、新しいものを創り出すことをいいますので、何も作り出さない「発見」
は駄目です。したがって、天然物の単なる発見などは、特許法上の「発明」になり
ません。

(4)高度のものであること
「高度のもの」は、ほとんど意味はありません。

 

« »