簡単な技術分野の特許出願は、10万円で受任します。  ー中小企業等の方必読ー  

電話06-6397-2847 新大阪国際特許事務所 
大阪市内
*早期審査について

*早期審査について

 早期審査とは通常の審査より早く着手する制度です。 早期審理とは通常の審判より早く着手する制度です。

1.早期審査・早期審理を申請するメリット

 通常の審査・審理に比べて、審査結果・審理結果を早く得ることができます。 早期審査を申請した出願の平均審査順番待ち期間は、早期審査の申請から平均約1.9か月となっており(2012年実績)、通常の出願と比べて大幅に短縮されています。

  また、早期審理を申請した場合には、申請後、審理可能となってから平均3.3か月で審決を発送しています(2012年実績)。

2.早期審査の対象になる出願

(1)実施関連出願

(2)外国関連出願

(3)中小企業、個人、大学、公的研究機関等の出願

(4)グリーン関連出願(詳細は、「グリーン早期審査・早期審理」の試行開始についてを御覧ください。)

(5)震災復興支援関連出願(詳細は、震災復興支援早期審査・早期審理を継続しますを御覧ください。)

(6)アジア拠点化推進法関連出願(詳細は、「特許出願の早期審査・早期審理ガイドライン」の改訂(アジア拠点化推進法関連出願の追加)についてを御覧ください。)

  早期審理の対象になる審判事件につきましては、特許出願の早期審査・早期審理ガイドライン(PDF:502KB)を御覧ください。

3.早期審査・早期審理を申請できる者 早期審査については、出願人、または、その代理人 早期審理については、審判請求人、または、その代理人

4.早期審査・早期審理に必要な手続

(1) 早期審査の申請をするには、「早期審査に関する事情説明書」、早期審理には「早期審理に関する事情説明書」の提出が必要です。事情説明書には、書誌事項のほか、早期審査または早期審理を申請する事情、先行技術文献の開示及び対比説明などを記載する必要があります(一部、例外があります。詳細については、早期審査・早期審理ガイドラインを御覧ください。)。

(2) 特許庁に対する手続は無料です(通常の審査請求料等はかかります。)。

   (以上特許庁から一部引用)

 

 

« »